2019年09月15日

未来の大人たちの東日本大震災被災地訪問報告会

南海トラフ巨大地震では甚大な被害が想定されているものの、起こってもいない大自然災害を多くの人がイメージすることは容易ではありません。

そこで、地域の未来を担う、未来の大人たち(伊座利校児童生徒)が、東日本大震災被災地の現状等を見聞し、
未来の大人たちの目線で、

「今、伊座利に何ができるのか」、

「何をしなければいけないのか」

などを住民のみなさんに伝えることを通して、地域・住民全体の防災意識の高揚等をさらに図っていくことを目的に報告会を開催しました。

東京大学生産技術研究所の加藤孝明研究室とインターネットを通して、リアルタイムで開催した報告会には、子どもから大人まで大勢(約70名)が参加しました。

1568459646343.jpg
(報告会の様子)

1568465260356.jpg
(被災地の見聞を通して住民に防災提案をする児童生徒)

1568465242926.jpg
(東京大学生産技術研究所:加藤孝明研究室の様子)
posted by いざり人 at 07:28| 伊座利だより